1. ホーム
  2. 視力にまつわる誤解
  3. 視力は遺伝する?

視力は遺伝する?

視力が遺伝するという説は、医学界でも有力です。
特に近視の場合、眼球の成長が大きく関わっていますから、どんなに目を大事にしていても近視になってしまう人はいます。
それが遺伝といえるかどうかは疑問ですが、体の成長によって不可抗力で近視になってしまうことは確かにあります。

回復させることは可能

ただし、それは「視力は回復しない」ということではありません。
視力低下が遺伝によるもので不可避であったとしても、それを回復することは努力次第で十分可能です。
眼軸 (角膜から網膜までの距離) が長くて、網膜の手前で像を結んでしまいがちな人でも、自律神経がしっかり働いていれば、それに見合った水晶体の厚さを生み出してくれます

遺伝以外にも視力低下の原因はある

視力が低下するのは、目の中に化学変化のようなものが起こって、組織が変質してしまったからでしょうか。
もしそうならば、たしかに視力回復は困難または不可能といえるでしょう。

しかし、視力低下の原因の多くは、ストレスや目の酷使などによって目を動かす筋肉が弱っていることです。
つまり、目のエネルギー不足が原因なのです。
病的な視力低下でなければ、トレーニングや食生活・日常生活の改善などで必ず回復することができます。

最大の敵は、遺伝だから仕方ないと諦めてしまうことです。