1. ホーム
  2. 視力にまつわる誤解

視力にまつわる誤解

健康の学問は完成度が低く、
医者や学者でも人によって意見が異なるところが非常に多くあります。
そのため、世間には健康に関する間違った常識が蔓延しています。
視力も例外ではありません。
ここでは、視力に関する代表的な誤解例を紹介しましょう。

視力が低くても見えている?

視力低下の最も恐ろしいところは、
「見えにくくなっている」という自覚が薄いことだと言えます。
黒板の字が読めているつもりでも、それは目で見ているのではなく、
頭で補正しているのかもしれません。
明瞭な視界が得られないと、勝手な推測で判断してしまうことがあります。

視力検査で良好なら安心?

学校や会社の健康診断では、視力検査があると思います。
あの検査で視力のすべてを判断できると思ってはいないでしょうか。
通常の視力検査では、遠くを見るための視力 (遠見視力) しか測れません。
近くを見るための視力 (近見視力) などは、まったく検査していないのです。
また、遠視の人は毛様体筋を酷使していると、視力検査では良い結果が出やすいため、これも注意が必要です。

視力は遺伝する?

視力は遺伝によって低下することもたしかにあります。
目の成長のしかたによっては、眼軸が水晶体の屈折力に合わない長さになってしまい、近視や遠視になるでしょう。
そうなった場合でも、水晶体を適度な厚さにするための調節力が備わっていれば、視力低下を防ぐことができます。

メガネやコンタクトで大丈夫?

目が悪くなったらメガネをかける、という考え方は正しいのでしょうか。
子どもの場合は、本当はメガネをかけたくないのに、勉強に支障が出るからとの理由で強制的にかけさせられるケースも多いでしょう。
しかし、メガネばかりに頼っていては、目の筋肉を甘やかしてしまいます。
何より視力低下は目の不健康の表れであり、それはつまり全身の健康にも関わっていることを忘れてはいけません。

暗い部屋での読書は目に悪い?

真っ暗な部屋で本を読んでいれば、もちろん目が悪くなります。
見えないものを無理に見ようとして、毛様体筋を酷使するからです。
しかし、文字がはっきりと認識できる明るさがあれば、少し暗い部屋であっても目が悪くなることはありません。
それよりも、明るすぎる部屋のほうが目を痛める危険性があります。