1. ホーム
  2. 日常生活でできる視力回復方法
  3. 紫外線対策&目の日光浴

紫外線対策&目の日光浴

太陽光の中に含まれる紫外線は皮膚だけでなく、
目にも非常に悪い影響を与えます。
これは周知の事実であり、視力回復を目指す上でも紫外線対策は重要なことなのですが、一方で紫外線には好影響もあります。
短い時間ならば、目の日光浴をすることで目の健康が向上するのです。

紫外線の悪影響

なぜ紫外線が体に悪いのかというと、
体内の酸素を活性化させて、活性酸素を作り出すからです。
活性酸素とは、通常の酸素よりも酸化力が高く、体内の細胞を酸化させて機能を衰えさせる物質です。
いわゆる老化という現象は、この酸化が進んだ状態ということができます。
老いた体というのは、体の至るところが錆びてしまい、思うように動かせなくなっているのです。

紫外線が肌に当たると、黒ずんだりシミやそばかすが起こりやすくなります。
これはコラーゲンが酸化されて、構造が崩れるからです。
同じことが目にも起こります。
目の各部が酸化されれば、それらの機能は衰え、視力にも悪影響が出てきます。
角膜が酸化されれば、ドライアイや屈折力の異変などが起こります。
水晶体が酸化されれば、やはり屈折力の異変のほか、白内障なども起こります。
硝子体が酸化されれば、不純物が浮遊するようになり、飛蚊症が起こりやすくなります。

紫外線はこのような酸化を起こりやすくさせる性質があるため、
その対策を十分にしなければなりません。

UVカット率の高いサングラスを使う

紫外線は常に太陽から発せられているため、避けることはできません。
どんなに日陰のところを選んで通っても、地面で反射して目の中に入ってきます。
日差しの強い夏場などは、何らかのUVカット対策がないかぎり、
外に出ないくらいの気持ちが必要です。

そこで役立つのがサングラスです。
あまり使いたくない人もいるでしょうが、人と会わずに一人で外出するときくらいは使用するとよいと思います。
サングラスを選ぶ際には注意点があります。
それは、色の濃さで紫外線カット率が決まるのではないということです。
真っ黒なレンズであっても、紫外線カット率の低いものでは意味がありません。
ファッション目的のサングラスだと、紫外線吸収素材がまったく使われていないものもあります。
そんなものを使用した場合、単に視界が暗くなるだけで瞳孔が開いてしまい、
かえって紫外線を多く受けてしまう結果になりかねません。
サングラスを選ぶ際は、しっかりとしたメガネ店で紫外線カット率を確認することが大切なポイントです。

目の日光浴でビタミンDを作る

以上のような紫外線対策をしっかりした上で、
短時間の目の日光浴に取り組むと、目の健康が促進されます。
紫外線にはビタミンDを生成させる働きもあるからです。
目にビタミンDが生成されれば、角膜の潤いが保たれ、血行が良くなります。
また、適度な光を取り入れることにより、目は瞳孔を狭めるために虹彩筋を使います。
これにより、虹彩筋のトレーニングにもなります。
近視の人は瞳孔が広い傾向があるため、虹彩筋を鍛えることは視力回復につながります。

目の日光浴をする際の注意点は、下記の通りです。

  • 太陽を直視しない
  • 目を閉じて行う
  • 短時間で終わらせる (20秒~数分)

前述の通り、紫外線を長時間浴びると目が老化します。
光を直接目に入れないよう、必ず目を閉じて行いましょう。