1. ホーム
  2. 日常生活でできる視力回復方法

日常生活でできる視力回復方法

視力回復というと、サプリメントを毎日摂取したり、特別なプログラムに沿って勧めていくようなイメージがあるかもしれません。
しかし、日常生活での些細な習慣も視力に大きく影響してきます。
特別なことをするのは、まず日常の好ましくない習慣をすべて改善し、それでも視力回復が見られないことを確認してからにしましょう。

前かがみの姿勢に注意

読書や勉強の際は、目を本から離すのが基本です。
しかし、正しく座った姿勢を長時間維持するのは難しく、
途中で猫背になったり、机に顔を近づけて前かがみになってしまうことがよくあります。
全身の血流にもかかわることなので、座る姿勢には十分な注意が必要です。

読書や勉強をするときの環境

寝っ転がって本を読む、机の高さに合わない椅子に座って勉強するといったことは、やはり目が文字に近接してしまい、目の筋肉に負担をかけてしまいます。
勉強をする意志も大切ですが、その姿勢や環境にも気を配りましょう。

まばたきで視力回復

さまざまな視力回復トレーニングがありますが、
まばたきをすることは目の健康を守る上で非常に重要です。
パソコン画面などを見続けていると、まばたきの回数は少なくなり、
目の乾燥も進んでいくので、意識的にまばたきをするようにしましょう。

安易にメガネに頼らない

近視の人はメガネをかけることが多いと思います。
しかし、日常の中で遠くを見る機会というのは、どれだけあるでしょうか。
ほとんどの時間は近くを見ているにもかかわらず、メガネを一日中かけているのは、目にとって非常に損になる行為です。
特に一時的に目が疲れて見えにくくなる仮性近視の場合は、メガネの使用を控えましょう。

紫外線対策&目の日光浴

肌の美しさだけでなく、目の健康を保つためにも紫外線対策は重要です。
紫外線がなぜ体や目に有害なのかを理解し、日差しの強い日は必ず紫外線対策をした上で外出しましょう。
その反面、紫外線には目のビタミンD生成を促す働きもあるため、短時間の日光浴は目の健康につながります。

目を休ませる

ストレス社会、IT社会と言われる現代は、眼精疲労の温床です。
目の疲れはなかなか自覚しにくいこともあり、ついつい目を長時間使うばかりで、休ませることの重要性が忘れられつつあります。
眼精疲労は頭痛や吐き気、集中力の低下を招き、もちろん視力低下の引き金ともなります。
睡眠やその他のリラックス方法で、目をできるだけ休ませるようにしましょう。