1. ホーム
  2. レーシックについて
  3. レーシックの種類

レーシックの種類

フラップを作って角膜内部を削る手術をレーシックと呼びますが、そのフラップの作成方法にいくつかの種類があります。
ここでは、マイクロケラトームを使用する方法とイントラレーシックを紹介します。

マイクロケラトームを使用するレーシック

マイクロケラトームとは、角膜表面をスライスしてフラップを作るための医療機器の名称です。
単にレーシックといった場合は、マイクロケラトームを使用するものを指します。
角膜に電動メスを直接当ててフラップを作り、そこにエキシマレーザーを照射して角膜内部を削ります。

フラップの厚さはマイクロメートル単位 (1ミリの1000分の1) ですので、この手術を行うには熟練した技量が必要になります。
そのため、術後の満足度や後遺症の有無などは、執刀医の技量に委ねるところが大きいといえます。
フラップ作成が適切に行われなければ、術後にフラップが外れることもあります。
さらに、刃物が直接角膜内部に当たるため、細菌が入らないような処置も必要になります。
難儀な点が多い方法ですが、一方で技量の高い医師が行えば、手術時間が短く、痛みが少なく、回復も早いというメリットがあります。

イントラレーシック

イントラレーシックとは、イントラレーザーによって角膜表面を焼き切ってフラップを作成する方法です。
最近はこちらのタイプが主流になりつつあります。

角膜内部を削るのはエキシマレーザーですので、種類は異なりますが表面・内側ともにレーザーを照射することになります。
この方法はコンピュータ操作で行われるため、医師の技量にかかわらず安全にフラップを作ることができます。
そのため、フラップのずれも起こりにくいメリットがあります。
角膜にはレーザーしか当たらないため、感染症のリスクもありません。
ただし、レーザーを目に当てるときに痛みを伴うことが多く、回復も遅くなりがちです。
また、角膜およびその近くにある毛様体や虹彩が炎症を起こす危険性もあります。

フラップ作成法の比較

マイクロケラトームを使用する方法、イントラレーシックともに一長一短ですので、両者の比較をしてみましょう。

マイクロケラトーム イントラレーシック
フラップ作成法 電動メス イントラレーザー
フラップの厚さ 100 ~ 180μm 90 ~ 110μm
手術難易度 医師の高い技術力が必要 コンピュータ制御のため簡単・安全
フラップのずれ 起こりやすい 起こりにくい
感染症のリスク あり なし
痛み 少ない あり
回復の早さ 早い 遅い
手術時間 早い 普通
後遺症例 フラップ形成不全
感染症
びまん性層間角膜炎
びまん性表層角膜炎
虹彩炎