1. ホーム
  2. レーシックについて
  3. レーシックの原理

レーシックの原理

安全確実な視力矯正手術と言われるレーシックとは、どんな手術なのでしょうか。
レーシックの意味と、視力が矯正される原理を紹介します。

レーシックの語源は?

まずは言葉の意味から説明しましょう。
レーシックはアルファベットで LASIK と表記されます。
これは Laser in Situ Keratomileusis の略です。

最初の Laser は言わずと知れたレーザーですが、レーシックにおいてはエキシマレーザー (熱によるダメージが少ない医療用レーザー) のことです。
最後の Keratomileusis (ケラトミレイシス) とは、角膜表面を薄くスライスし、その裏側にある角膜成分を削り取る技術のことです。
途中の in Situ は、A in Situ B で「AによってBを行う」という意味を作ります。
したがって、Laser in Situ Keratomileusis で「エキシマレーザーによって角膜成分を削り取る」という手術を意味します。

なぜ角膜を削ると視力が矯正されるのか

目の構造で説明したとおり、角膜には光を屈折させる働きがあります。
つまり、角膜はレンズの役割を果たしているのです。
近視の人は、遠くから入ってくる光を屈折させすぎているため、光が網膜の手前で像を結んでしまい、遠くのものがぼやけて見えるのです。
レーシックでは、角膜の内部を削ることによってレンズを薄くし、屈折力を弱くすることができます。
これにより、それまで網膜の手前で結ばれていた像が、ちょうど網膜に焦点が合うようになり、視力が矯正されるのです。

  • レーシック前:角膜が厚く、光を屈折させすぎている
  • レーシック後:角膜を薄くしたことにより、屈折力が下がって、焦点が網膜まで届く

フラップの作成によって高い安全性を実現

角膜の内部を削る技術は戦前からありました。
ただ、当初は角膜表面をいったん切り取ってから内部を削っていたため、後で角膜を縫合する必要があったのです。
そのため、手術後に角膜が混濁するといった問題が発生していました。

レーシックの最大の特徴はフラップを作成することにあります。
フラップとは、角膜の表面を薄くスライスして「ふた」の状態にすることです。
そのフラップを開いた状態でエキシマレーザーを照射するのです。

これにより、角膜の表面を切り離さずに内部を削ることができます。
施術後、開いたフラップは角膜の再生能力によって吸着され、元の状態に戻ります (※1) 。
そのため、施術後に縫合する必要がないため、負担を大きく減らすことができる手術法です。

※1 …… 正確には角膜上皮のみに再生能力があり、その下のボーマン膜には再生能力がないため、完全には元に戻りません。
目が強い衝撃を受けると、フラップがずれることがあります。