1. ホーム
  2. レーシックについて
  3. レーシックを受けられない人

レーシックを受けられない人とは?

レーシックは安全であっても、手術であるゆえに、体質やその他の条件によっては受けられない場合があります。
一般的には、次の条件をクリアしていることが必要です。

  • 近視の進行が止まっている
  • 角膜がレーシックに耐えられる厚さである
  • 角膜の修復を妨げるような疾患がない

以下、レーシックを受けられない、または注意が必要なケースを紹介します。

年齢制限

18歳未満の人

法的な決まりではありませんが、一般的に18歳未満の人はレーシックを受けることができません。
これは眼球がまだ成長過程にあり、近視の進行が完全に止まっていないと考えられるからです。
近視が進行中のときにレーシックを受けた場合、一時的に視力は矯正されても、それからまた近視が進行して、結局見えにくくなってしまいます。
レーシックは近視になりきってから受けるべきです。

高齢の人は注意

年齢の上限は特にありませんが、水晶体の調節能力などが衰えている人は注意が必要です。
高齢の人がレーシックによって近視を矯正した場合、目に入った光がほとんど屈折されずに近くが見えなくなってしまうことがあります。

体質による制限

角膜が薄い人

レーシックは角膜を削る手術であるため、もともと角膜が薄い人には適用できない場合があります。
多くの日本人の角膜は、レーシックで必要な厚さをクリアしていると言われます。
ただ、角膜の厚さが十分でない場合は、レーシックで削れる量も限られるため、希望通りに視力が矯正できないことがあります。

妊娠中の人

ホルモンバランスの偏りや体質の急激な変化により、手術後の角膜修復が通常通りに進まないことがあるため、レーシックを適用できません。
ピルやホルモン剤を使用している人も注意が必要です。

疾患による制限

円錐角膜を持つ人

円錐角膜とは、角膜の中央部が薄くなって円錐状に飛び出しているような状態になる病気です。
物が二重に見えるなど、不正乱視を起こします。
発症率はかなり低く (1000人に1人程度) 、通常は心配する必要はありませんが、この病気を持つ人は角膜が薄いため、レーシックを適用できません。

全身疾患・神経系の疾患を持つ人

関節リウマチや全身性エリテマトーデス (SLE) などの全身疾患、自律神経失調症やうつ病などの症状がある人は、角膜の修復が正常に進まない場合があるため、レーシックを適用できません。