1. ホーム
  2. 視力の基礎知識
  3. 老眼は若い人も注意が必要

老眼は若い人も注意が必要

歳をとると体のさまざまな部分が衰えてきます。
目も例外ではありません。
老眼はその名の通り、目の老化現象であり、誰しも必ず訪れる症状です。
近視・遠視・乱視などは防げても、老眼 (正式には老視) は完全に防ぐことはできません。
したがって、まだ老眼とは無縁な若い人も、必要な知識を持っておきましょう。

歳をとってから始まる遠視

老眼になると、近くのものがよく見えなくなります。
これは目の老化により、水晶体の弾力が失われることや、毛様体筋の機能が衰えて水晶体を厚くできなくなることが原因です。
歳をとってから始まる遠視 (屈折性遠視) と理解してもよいでしょう。
ただし、老眼は必ずしも老齢者だけに発症するものではありません。
最近はパソコンや携帯電話の普及、テレビゲームのやり過ぎなどによって、老眼の若年化が進んでいます。
極端なことを言えば、一日中テレビゲームの画面を見つめている人などは、水晶体や毛様体筋が傷みすぎて、30代でも老眼を発症する可能性があります。

近視の人は老眼になりにくい?

水晶体の弾力が失われたり、毛様体筋が衰えてくれば、それは老眼です。
これらは老化現象ですので、近視だからといって老眼になりにくい、老眼になるのが遅いということはありません。
ただし、近視の人は老眼による弊害が表れるのが遅くなります。
老眼になると、光を屈折させる力が弱くなるため、もともと光を屈折させすぎている近視は改善に向かいます。
老眼がある程度まで進めば正視になることでしょう。
しかし、老眼はさらに進行していきますので、正視を通り越して遠視になります。
そこまで進んではじめて老眼の弊害が出るため、近視の人は老眼になりにくいといった誤解が生じるわけです。

老眼の矯正・治療

老眼鏡

老眼と言えば、まず思い当たるのが老眼鏡でしょう。
老眼鏡には凸レンズが使われていて、光をあらかじめ強く屈折させることにより、水晶体の弱い屈折力でも、網膜に焦点が合うようにします。
逆に遠くは見えにくくなりますから、老眼鏡は虫メガネ同様、近くを見るときだけ使うものです。
その取り外しが面倒な場合は、遠近両用メガネという選択肢もあります。

伝導式角膜形成術 (CK)

アメリカで開発された伝導式角膜形成術 (CK = Conductive Keratoplasty) は、角膜にラジオ波を当ててコラーゲン組織を収縮させる手術です。
これにより、角膜の屈折力が上がるので、水晶体の屈折力が弱くてもよく見えるようになります。
日本では知名度は高くありませんが、施術しているところもあります。

レーシック

レーシックでも角膜の形成方法によっては、老眼を治せます。
角膜の中心部分は遠くが見えるように屈折力を弱くし、周辺部分は近くが見えるように屈折力を強くすれば、遠近両用レンズを角膜で実現できます。

老眼の進行を遅らせるには

老眼もできれば老眼鏡や手術に頼らず、食事やトレーニングによって改善するのが望ましいでしょう。
しかし、老眼は老化現象であるかぎり、その進行を止めることはできません。
歳をとれば、誰しも必ず老眼になります。
ただ、老眼の進行を遅らせることはできます。
それには水晶体と毛様体筋の健康状態を良くすることが必要です。
毛様体筋はトレーニングによって、その調節力を鍛えることができます。
水晶体はビタミンCなどの栄養素により、老化を防ぐことができます。