1. ホーム
  2. 視力の基礎知識
  3. 近視のメカニズム

近視のメカニズム

視力低下のタイプとして近視は最も多く、メガネをかけている人を見かけたら、概ね近視と思って間違いないでしょう。
遺伝的要因が関わっている部分もあり、10代の学生から社会人まで多くの人を悩ませる屈折異常ですが、昨今の生活習慣による影響も無視できません。
近視のメカニズムをよく理解し、メガネやレーシックによる矯正に頼るのではなく、自身の視力と目の健康を真剣に考えましょう。

焦点の位置が網膜の手前

目に入った光が網膜に届くことにより、私たちはものを見ることができます。
しかし、ただ光が網膜に届いただけでは、ぼんやりとしか見えません。
はっきりと見えるためには、ちょうど網膜の位置で光が集結して像を結ぶ (=焦点が合う) 必要があります。
これを正視と言います。
近視とは、水晶体 (または角膜) における光の屈折率が高く、光が曲がりすぎて、網膜の手前で像を結んでしまう状態です。

近視のタイプ

近視は大きく分けて、屈折性近視・軸性近視の2種類があります。
これらには原因が水晶体か眼軸かという違いがありますが、いずれにしても眼軸の長さに対して水晶体の屈折力が強いということです。

屈折性近視
水晶体の屈折力が強いために、焦点が網膜より手前になる近視。
軸性近視
眼軸 (角膜から網膜までの長さ) が長いため、焦点が網膜まで届かない近視。

近視の見え方の特徴

一般的に目が悪いと言った場合は、近視を意味することが多いでしょう。
ただ、近視というのはその字が示すとおり、遠くのものは見えにくいが近くのものはよく見えるという特徴があります。
このことを理解するには、まず次のことを押さえておいてください。

  • 近くから入ってきた光は、弱く屈折させれば網膜に焦点が合う
  • 遠くから入ってきた光は、強く屈折させれば網膜に焦点が合う

近視の原因は、眼軸に対して水晶体の屈折力が強すぎることです。
したがって、近くにあるものならば、その強い屈折力が生かされて見やすくなるというわけです。
しかし、遠くにあるものは、強い屈折力が有り余ってしまい、過剰な屈折によって見えにくくなってしまうのです。

近くはよく見える

近視の人は、読書やパソコン操作など、近くを見て行う作業には有利です。
近くから入ってくる光を強く屈折させて、ちょうど網膜で焦点を結ばせることができるからです。
一方、視力検査では悪い結果が出ます。
遠くから入ってくる光を屈折させすぎて、網膜の手前で焦点を結ばせてしまうからです。

近視になる原因は?

遺伝・体質によるもの

生まれたときの赤ちゃんは、ほとんどの場合が遠視です。
これは眼球が未熟で、眼軸の長さがまだ短く、水晶体の屈折力が有り余って、焦点が網膜よりも後ろになってしまうからです。
それが体の成長とともに眼軸が長くなっていき、近視に近づいていきます。
眼球の成長は個人差がありますが、およそ20代後半で成長が止まります。
眼球の成長が終わったとき、眼軸が水晶体の屈折力に見合った長さになれば正視になるのですが、それを通り越していれば近視になります。

以上のようなことを踏まえると、生まれたときにどれくらい遠視が強いかによって、成人後の視力が決まることになります。

生まれたとき 成長期 (10代) 成人後 (20代前半~後半)
強い遠視 普通の遠視 軽い遠視
普通の遠視 軽い遠視 正視
軽い遠視 正視 近視
正視 近視 強い近視

もちろん、これは遺伝や体質の影響のみを考えた場合であり、実際には近視になる要因は他にもあります。

目を酷使する生活習慣

テレビゲームやパソコン作業は、近距離で強い光を見続けることが多く、目が疲れやすいことは周知の事実です。
目が疲れるということは、毛様体筋を酷使し、水晶体を厚くさせているのです。
このような生活習慣が長く続くと、毛様体筋が緊張した状態で固定されてしまい、近くを見ていないときでも常に水晶体が厚いままになってしまいます。
これでは遠くを見るときにピントが合いません。
デジタル機器、ビジュアル機器が普及している現代では、このような生活習慣による近視が懸念されています。

近視を改善する方法は?

遺伝や体質による眼軸の成長は止めることができません。
近視を改善する方法は、毛様体筋をリラックスさせて、水晶体の厚さを適度に変えるための調整力を取り戻すことです。
また、虹彩筋 (虹彩を調節する筋肉) を鍛えれば、目に入ってくる光の量も適度に調節できるため、毛様体筋の疲労を防ぐことができます。
目を動かすための眼筋のトレーニングも重要です。
現代人が近視になる原因の多くが毛様体筋の酷使ですので、それ自体のトレーニングはもちろん、毛様体筋の動きに関わる筋肉のトレーニングをすれば、近視を改善することができます。