1. ホーム
  2. 視力の基礎知識
  3. 遠視は眼精疲労の原因になる

遠視は眼精疲労の原因になる

遠視というと、近視の逆のようなイメージを持たれるかもしれません。
つまり、遠くがよく見えて近くが見えにくいと理解している人が多いと思われますが、それは誤解です。
結論から言えば、遠視は遠くも近くも見えにくい状態です。

焦点の位置が網膜より後ろ

焦点の位置ということに限って言えば、遠視はたしかに近視の逆です。
遠視は、眼軸の長さに対して水晶体の屈折率が弱いために、網膜の後ろで焦点を結んでしまう状態を意味します。

実際には網膜の後ろまで光が透過するわけではありませんから、遠視はどこにも焦点が合っていません。

遠視のタイプ

遠視は、屈折性遠視・軸性遠視の2種類に大別されます。
多いのは軸性遠視ですが、どちらも相対的に水晶体の屈折力が弱いということです。

屈折性遠視
水晶体の屈折力が弱いために、焦点が網膜より後ろになる遠視。
軸性遠視
眼軸 (角膜から網膜までの長さ) が短いため、やはり焦点が網膜を通り越してしまう遠視。

屈折力が決定的に不足している

上記のような状態でものを見るとどうなるでしょうか。
それを理解するには、やはり下記のことを押さえておいて下さい。

  • 近くから入ってきた光は、弱く屈折させれば網膜に焦点が合う
  • 遠くから入ってきた光は、強く屈折させれば網膜に焦点が合う

遠視の人は、眼軸の長さに対して水晶体の屈折力が弱いために、入ってきた光を屈折させる力が不足しています。
ということは、近くのものは当然見えにくくなります。
それだけではなく、遠視の人は遠くのものを見るための屈折力も不足しています。
つまり、遠くのものも (近くのものほどではないが) 見えにくいということです。

視力が良いのは目を酷使しているため

遠視の人は遠くも見えにくいと述べましたが、実際には遠くがよく見えているケースが多いのです。
視力検査でも、遠視の人の多くは 1.5 などの良い結果が出ます。
しかし、これは本来あるべき視力ではありません。
遠視の人はたいてい、毛様体筋を酷使して水晶体を無理に厚くしているため、何とか遠くがよく見える状態を作っているのです
いくら遠くが見やすいといっても、これでは毛様体筋の疲れによって眼精疲労を起こしやすく、目の健康には望ましくありません。
眼精疲労は頭痛や肩こりを誘発し、さらに集中力も低下させます。
遠視の怖さは、このような体調不良につながりやすいことももちろんですが、最も懸念されるのは見逃されやすいということです。
視力検査でも良い結果が出やすいことから、自分は目が良いと思い込んでしまい、本当は遠視によって目に負担をかけていることに気づかないのです。
視力検査の数字が高かったとしても、それはあくまでも「近視ではない」ということに過ぎません。

弱視や内斜視を誘発する

幼いころは誰しも遠視ですが、その度合いが強すぎると、弱視や内斜視などにつながる恐れがあります。
これについては、その他の視力異常で説明します。