1. ホーム
  2. 視力の基礎知識
  3. その他の視力異常

その他の視力異常

屈折異常 (近視遠視乱視) と老化現象 (老眼) について紹介してきましたが、ここでは、それらから起こる二次的な症状を紹介します。

斜視

斜視とは、左右の目が同じ目標に向かわない状態を言います。
正確に言えば、片方の目がある対象物を見ているときに、もう片方の目は違う方向を向いている状態です。
瞳の向きとして外見にはっきりと表れるのが特徴です。
斜視は瞳の向いている方向によって、内斜視・外斜視・上下斜視に分類されます。
それぞれの特徴をまとめると、次のようになります。

種類 イメージ 特徴
内斜視 片方の目が正面を見ているとき、
もう片方の目が内側 (鼻側) を
向いている。
外斜視 片方の目が正面を見ているとき、
もう片方の目が外側 (耳側) を
向いている。
上斜視 片方の目が正面を見ているとき、
もう片方の目が上を向いている。
下斜視 片方の目が正面を見ているとき、
もう片方の目が下を向いている。

立体感覚がつかみにくい

人間は両目でひとつの対象物を見ることにより、奥行きや距離感をつかんでいます。
斜視の場合、片方の目でしか対象物を凝視することができないため、立体感覚が欠如します。

遠視の人は内斜視になりやすい

近くのものを見るときなど、水晶体を厚くするために毛様体筋を使うとき、目が内側に寄る作用が働きます。
この作用が慢性的に働くと、調節性内斜視と呼ばれる斜視を生じやすくなります。
遠視の人は、ピントを合わせるために毛様体筋を働かせる時間が長いため (詳しくは遠視の説明を参照) 、常に目を内側に寄せる力が働き、調節性内斜視になりやすい傾向があるのです。
もちろん、遠視以外でも、目の筋肉の使用バランスが崩れれば、片方の目の方向が狂って斜視になることがあります。

弱視

弱視とは、単に視力が悪いだけでなく、メガネやコンタクトレンズを使用しても視力がほとんど矯正されない状態を言います。
主な原因は、幼い頃に遠視が強く、はっきりとした像を見ることができなかったために、目の機能が発達しなかったことです。
弱視は子どものころ (7~8際) に発見できれば、メガネなどの矯正により、正しい像を見ることによって改善できます。
しかし、大人になって目の成長が止まってからでは改善が難しく、視能訓練士の指導による訓練で矯正していくなどの処置をとります。