1. ホーム
  2. 視力の基礎知識
  3. 乱視は角膜に原因がある

乱視は角膜に原因がある

乱視になると、ものがぼやけて見えたり、二重に見えたりする症状が表れます。
いずれも焦点が合わないことによって起こる症状ですが、二重に見えるのは焦点が2つあるからです。
このような焦点の乱れは、角膜の歪みに起因しています。

角膜で光が散乱する

乱視は角膜が歪むことにより、目に入った光が散乱して、焦点を合わなくなることです。
そのため、遠いところも近いところもぼやけて見えてしまいます。
もともと角膜は完全な円形ではないため、正常な目の人も多少の乱視があります。
しかし、角膜の縦と横のカーブがあまりに近いと、乱視の症状が強く出ます。
乱視は角膜の形状により、下記の2種類に大別されます。

正乱視
角膜が一定方向に歪んでいるために起こる乱視です。
乱視の人のほとんどは正乱視です。
これにはさらに分類があり、縦に歪んでいる場合は直乱視、横の場合は倒乱視、斜めの場合は斜乱視と言います。
歪んでいる部分から入る光と歪んでいない部分から入る光がそれぞれ焦点を結ぶため、焦点が2つできます。
不正乱視
角膜が凸凹になっているために起こる乱視です。
光が文字通り散乱し、どこにも焦点が結ばれません。

乱視の矯正・治療

正乱視の場合は歪みが一定方向のため、その方向のみの屈折率を変える「円柱レンズ」を使って矯正できます。
不正乱視の場合は、ハードコンタクトレンズを使って矯正します。
また、乱視は角膜の形が原因ですので、レーシックによって改善することもできます。

乱視を改善するには?

矯正や手術ではなく、自然な形で乱視を改善する場合は、どのようにすればよいのでしょうか。
乱視は毛様体筋や水晶体の健康状態と関係がなく、角膜の形状不正によって起こる症状なので、近視・乱視・老眼とは対策が異なります。
ただ、角膜の形が悪くなるのは、やはり角膜に酸素や栄養素が不足しているからに他なりません。
角膜の健康状態を良好にするには、全身の血流から改善する必要があります。
自宅で出来る今野式乱視改善エクササイズという健康法では、乱視の原因を血流障害と定め、中医学に基づいたマッサージやエクササイズ法で、全身の血流を改善する方法を学ぶことができます。